【今年の大会は、オンライン開催となります】

お久しぶりです!
チーム主宰の貴船恵子です。

こちらのグループはダンス関係の方も大勢おられますが、みなさんコロナウイルスの流行では、それぞれに大変かと思います。
暑い中マスクでの練習をされている方、集まるのが厳しいためオンラインを活用したレッスンを行ったり受講したりする方、こんな時だから困っているダンサーのためにと動き出した方など。
それぞれの進む道に幸あれと祈っております。

とは言え、私達のチームも、多くを高齢者施設から受注を受けていたため、施設内でのクラスター感染に配慮し、既に5ヵ月間も仕事をほとんど受注しておらず、厳しい状況です。
人と人が触れ合うことが多いだけに、何十年もかけて広めて来たダンス・セラピーはもうできないのかと失望してしまう事もあります。
しかし、もともとそれに対しての人の要望で、月間100回以上のセッション活動をして来たのですから、潜在的にあるその要望に感染拡大下でどう応えていくべきか、日々混沌の中で考えております。

さて、昨年の日本ダンス・セラピー協会の学術研究大会は、私が大会会長をしておりました。
しかし、台風19号がその当日に開催地の千葉県を襲い、数日前に中止をせざるを得ませんでした。
今年は兵庫県武庫川で行う予定で、別の大会会長の元、私が前年の「ダンス・セラピーと被災者支援」のテーマを引き継いで講演させていただく予定でしたが、コロナウイルスがこれほど蔓延するとは、昨年は知りもしませんでした。
私は動画やズームで対応させていただきます。
大会ページは下記の通りです。
オンラインとあり、例年より低額で受講可能です。
現在スケジュールについては変更中で、私は8月30日に前回大会会長としての講演と、午前には実技も致します。
※29日は、新潮劇院の「林冲」(下北沢タウンホール)という公演に参加しているため。
是非、この機会に、皆様の大会参加をお待ちしております。

第29回 全国学術研究大会 公式サイト