【大野慶人先生追悼】

コロナのことで忙しく、投稿が遅れました。
大野慶人先生の追悼の言葉をチームのサポートセラピストの加藤道行さんも書いてます。

一人一人の命の重みは如何程に凄いのかを、亡くした時にその重みや痛みで知ります。
私達はしょっ中、前回迄ダンス・セラピーにお見えの方に、もうお会いできない悲しみを味わいます。
しかし、もしセラピストとして真摯に一回一回を行なっていたら、思い出されるのはその方が笑顔で踊る姿でしょう。
笑顔である事が、痛みを和らげてくれるのだと思います。

大野先生を知りませんが、記事を読んでいて、後に来る縁ある人々への痛みをご自身で引き受け、縁を紡ぐ絆を分け与えて他界された、稀なる高貴さを感じました。

https://jadta.org/news/memorial-ohno-2/