【被災地支援特別パスの発行】

この度は先の台風15号により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。1日も早く笑顔で過ごせる元の生活が取り戻せることを願っております。

また、このような状況の中、「第28回学術研究大会」を山武市で開催させて頂き、山武市はじめ関係各所の皆様に感謝申し上げます。

今回の大会では、東日本大震災で山武市に被害があった ことに加え、昨年の第 27 回学術研究大会 in 北海道のわずか数日後に胆振東部地震があっ たこともあり「ダンス・セラピーと被災者支援」のテーマはとても大切なものになると考えておりました。さらに大会開始一月前に台風 15 号による被災を知り、大会準備を進めるに あたり、再度「人として、ダンスセラピストとして何ができるのか」を、大会事務局は深く考えるに至りました。

「生活を元に戻す事が急務な中で大会を開くのは、被災地に迷惑をかけるのではないか。」

「何か支援したいけど、ダンスセラピストでは、一次支援は難しいので、何もできずに落ち込む。」

「ダンスセラピストとして何かをしたくても、やろうとしている事が周知できない環境の中で行えば、自己満足な支援となってしまうのではないか。」

この他にも様々な意見がありました。

この大会で取り組もうとしているテーマは、被災地域を元気にできる事を内容に含んでおります。山武市に限らずこの台風での被災地域にお住いの方には、一般よりも大会を受けやすくするために、被災地支援特別パスを発行する事にいたしました。

多くの方々に知って頂きたく、情報の拡散にご協力頂ければ幸いです。大変な状況の中ではございますが何卒宜しくお願い申し上げます。

被災地支援特別パスの内容

・被災地支援特別パス1日  3000円
10月12日または、13日の大会プログラムを参加できます。

・被災地支援特別パス2日  5000円
10月12日と13日の大会プログラムを両日参加できます。

パスの申し込み方法

申し込み期日となる10月10日までに、名前・連絡先電話番号・お住まいの地域・1日パスの場合は希望日を書き、送信して下さい。
なお、当日は釣銭が不足する可能性がありますので、釣銭の無いように料金の持参をお願い申し上げます。

conference28-question@jadta.org