【「高齢者ダンスセラピー」の活動を紹介】

ダンスセラピーチーム気生根 2期生橋本です。
時々、記事投稿をさせていただきますので、よろしくお願い致します!

インフルエンザが流行してますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

今回は、普段行なっている「高齢者ダンスセラピー」についての活動を簡単にご紹介いたします。

主に高齢者施設を中心として行っております。
施設にご入居の皆様が親しんできた歌やリズム、または生きてこられた時代背景を大切にしたイメージを使用したムーブメントを座位で行います。
健常者や身体的または精神的に介護が必要な方にも幅広くご参加いただいております。

手足、脊柱が動かせない方は、かかっている歌やセラピストが表現する動きを感じ取り、目や言葉などのご自身が使用できる感覚で応じ、喜んでいただける場面に何度も立ち会わせていただきました。

動きたいけれど動けない
伝えたいけれど伝えられない

心身における体と心の調和に寄り添える有効な手法の一つとして、高齢者ダンスセラピーが皆様のお役に立っている事を毎日実感しております。

ダンスセラピーチーム気生根ではワークショップ、基礎講座、イベントなど年間通して広く行なっております。
こちらの記事以外にも、活動報告などはホームページをご覧ください。

http://www.kifunedmt.net/

写真は、私が担当する施設の、今は亡きO様と、チーム主宰の貴船です。

100歳を超えた時に撮りました。
O様は、この後も最後までダンスセラピーを楽しまれました。
写真は、当時施設よりO様のご家族にお電話をして投稿許可をいただいたものです。