ダンスセラピーの高齢者福祉への活用をうったえて

8月某日、ダンスセラピーチーム気生根の主宰である貴船惠子が、参議院議員会館にうかがいました。

公明党の竹谷とし子議員に「認知症予防にダンスセラピーを活用して欲しい」とのお話しを聞いていただきました。

毎日のようにダンスセラピーの現場を担当して思うのは、認知症予防にダンスセラピーが果たせることは多いと言う実感です。
松葉多美子都議も同席してくださり、お二方とも熱心に聞いて下さいました。

ダンスの持つコミュニケーションの力で、たくさんの笑顔に出会いたい!
チームの願いです。

image