【「第28回学術研究大会in山武」演題のご応募お待ちしております。】

日本ダンス・セラピー協会「第28回学術研究大会in山武」の演題募集は7月25日が締切となります。
今回は「あなたの周りを活性化させるダンス・セラピー」で募集しており、いつも行なっている事を発表できる機会です。
発表して、シェアリングする事で是非多くの学びを得て下さい!
その事は、あなた自身も活性化させることになると思います。

研究結果をポスターで発表する事もできます。
演題応募は下記のURLからアクセスして下さい。
皆様のご応募をお待ちしております。

https://jadta.org/news/conference28/#presentation

【日本ダンス・セラピー協会第28回学術研究大会in山武】

こんにちは。
早いもので2019年も本日で半分過ぎてしまいました。
素敵な上半期でしたか?

「日本ダンス・セラピー協会第28回学術研究大会in山武」の情報を掲載させていただきます。

10月12日から13日にかけて行うこの大会は、初の千葉県開催となります。
大会は毎年全国各地を持ち回るため、来年は大阪となります。
千葉県に戻ることは10年以上はないと思いますので、千葉までアクセスできる方は是非今年の大会参加をご検討下さい。
成田からも直通バスがあり、東京駅からもアクセスしやすいです。

また、今年は会員や一般参加のみだけでなく、子連れも考慮しておりますし、会員外の演題発表も認めております。
テーマは「ダンス・セラピーと被災者支援」ですが、被災地域の活性化を主軸に据えて、演題は「あなたの周りを活性化するダンス・セラピー」となっております。
日頃の活動で周りを元気にされている方は奮ってご応募ください。
皆様の活動を拝見するのを楽しみにしております。

会員外で時間のない方には一コマパスもご用意しており、一コマのみ2500円で参加するお申込みもございます。

そして、早割の期日は8月10日までの申し込み・振込となります。
この大会は、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局より、「byond2020」の文化プログラムの認証を受けました。
この認証は、2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資するという事です。
日本独自の形で発展してきた次世代のレガシーとなるダンス・セラピーを、是非大会に参加して盛り上げて下さい。

参加費用などの詳細と申し込みは下記の日本ダンス・セラピー協会ホームページからどうぞ。
ご質問などは、メッセンジャーからもお受けいたします。
参加のご検討をよろしくお願い致します。

第28回全国学術研究大会in山武28th Annual Conference in Sanmu

【「beyond2020」の文化プログラムの認証を受けました】

令和元年10月12日〜13日にかけて、チーム気生根の貴船惠子は、「日本ダンス・セラピー協会の第28回学術研究大会in山武」の大会会長を拝命しております。
この度、この学術研究大会in山武が内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局より、「beyond2020」の文化プログラムの認証を受けました。この認証は、2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資するという事です。
認証されるのには、「日本文化の魅力を発信する事業・活動」「多様性・国際性に配慮し、障がい者にとってのバリアを取り除くことや、外国人にとっての言語の壁を取り除く取り組みがなされていること」が必要とされます。
1940年代にアメリカで生まれたダンス・セラピーですが、1991年に日本ダンス・セラピー協会が発足してから28年の間に日本独自の文化を取り入れながら発展してきました。またダンス・セラピー協会内に国際委員会を立ち上げ、各国から講師や参加者を招き入れてきました。会場もバリアフリーに配慮し、障害のある方も参加されておりました。
こうした取り組みが評価されたものと、大変嬉しく感じておりますし、協会員の方々の地道な努力があってこその今日だと思います。
日本のダンス・セラピーが次世代のレガシーとなれるように、大会会長を頑張って努めて参ります。
今後、beyond2020のロゴマークを使用して参ります。
皆様も是非この大会にご参加下さい!
大会詳細と参加申込みは、日本ダンス・セラピー協会のホームページからお受け致します。
また、お問合せは
conference28-question@jadta.orgより受けております。

【日本ダンスセラピー協会第28回学術研究大会in山武】

災害の多かった平成から、新たな令和の時代は災害がなく安らかであればと祈ります。
しかし、災害はいつどこにやって来るのかわかりません。そんな時、ダンスの持つ力をセラピーとして生かし、どのように災害と向き合い、被災者と共に踊り動き、その専門性で何ができるのか…先の時代に学び、新たな時代にも必要となるテーマを分かち合う、貴重な2日間を過ごしましょう。

※ こちらは、日本ダンス・セラピー協会の主催する大会となります。

【概要】
●日程 2019年10月12日(土曜日)〜10月13日(日曜日)
●会場 山武市蓮沼交流センター 千葉県山武市蓮沼ハの4832番地3
●テーマ ダンス・セラピーと被災者支援
・特別企画 【被災地で「からだ」と「こころ」が動く時】
大沼幸子(東京有明医療大学)
平山久美(医療法人杏和会阪南病院アートセラピスト)
・大会会長講演 【東日本大震災でFBF財団から引き継いだ「絆こころのケア」のムーヴメントセラピーの紹介】貴船惠子(ダンス・セラピーチーム気生根)
・ワークショップ 多数
・ポスター発表
※ワークショップやポスター発表の内容は、9月以降に発表となります。詳しくは日本ダンス・セラピー協会のホームページをご覧ください。
●後援 山武市

【大会参加の申し込み】
※前日や当日の参加申し込みは受け付けられない可能性もあります。大会の申し込みは、10月1日までにお願いいたします。
参加申し込みは、参加費納入が確認できた時点でお申し込み手続きの完了となります。
●大会参加申し込み方法
JADTA公式サイト(jadta.org)より申し込み。
●参加費用の振り込み
合計金額を、下記口座に振り込みください。
早割の振込期限:8月10日(土曜日)
早割り以外の振込みは申し込み後 、10日以内にお願いいたします。
・ゆうちょ銀行からの振り込み
銀行名 ゆうちょ銀行
記号10190 番号89849821
口座名義 オオヌマユキコ 日本ダンス・セラピー協会年次大会
・ゆうちょ銀行以外の他の金融機関からの振り込み
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 O一八(ゼロイチハチ)
店番 018
口座種類 普通預金
口座番号 8984982
口座名義 オオヌマユキコ 日本ダンス・セラピー協会年次大会

【懇親会】
5,000円(10月12日大会終了後 会場:ホテル浪川荘)
今大会のテーマに則しながら、会員の皆様が楽しく食べて・踊って交流できる時間をアレンジいたします。
《問い合わせ》日本ダンス・セラピー協会第28回学術研究大会in山武 大会事務局
E-mail conference28-question@jadta.org
《参加申し込み》
HP http://www.jadta.org

●大会参加費
参加方法
(日本ダンス・セラピー協会会員)
・8月10日まで早期割引
2日間参加 \10,000-
1日参加  \6,000-
・8月11日以降
2日間参加 \12,000-
1日参加  \7,000-

(一般参加)
・8月10日まで早期割引
2日間参加 \13,000-
1日参加  \7,500-
・8月11日以降
2日間参加 \15,000-
1日参加 \8,500-

(学生参加)
2日間参加 \7,000-
1日参加  \3,500-

(1コマパス)
協会員以外で大会開催中の1コマ(ワークショップや特別企画など)のみに有効なパスになります。1コマ以上の参加については1日参加を選択ください。
・一般 \2,500- ・学生・山武市民 \1,500- ・山武市専門職 \500-
こどもを連れての参加もできます。こども参加費は、お1人につき1日1,000-となります。

●その他
-昼食-
参加申し込みで注文いただくお弁当は、会場隣接の「道の駅」が用意してくれます。昼食は「道の駅」で購入することもできます。
1日目は「田舎寿司」と呼ばれる季節の自然が寿司の中に組み込まれたものを中心のメニューとしました。
2日目は、名物のイワシ丼を揚げたてで隣から持って来てくれるそうです。

【宿泊先(推奨)】
推奨の宿泊先は、日本ダンス・セラピー協会第28回学術研究大会in山武のために、参加予想数の部屋を大会事務局がお願いしているホテルです。大会会場へは、ホテルから専用バスを出しますので、安心してお泊りになれます。
山武市の夏は海浜公園への家族連れで賑わい、その他の季節はスポーツ合宿が盛んです。
そのため利用しやすい料金の宿泊施設が多いものの、一人部屋は数が限られます。お申し込みはできるだけ9月15日までにお知り合いとグループになり「日本ダンス・セラピー協会大会参加のための宿泊」と伝えて、グループ単位でお申し込みください。また、一人でお申し込みの場合、浪川荘から「日本ダンス・セラピー協会内の同性会員との相部屋」をお願いされることがありますが、ご了承ください。客室の広さなどはご人数により変わります。

ホテル浪川荘
千葉県山武市蓮沼二の4665 Tel:0475-86-2259
Fax:0475-86-2766
※金額は消費税抜き(今後消費税改定があるため)
●一部屋3名~5名
大人一泊朝食付き \5,000  朝食無し \4,000
こども(小学生まで)一泊朝食付き \4,000 朝食無し \3,000
※小さいこどもが親と同一の布団で就寝する場合、食費以外の料金はかかりませんが、アメニティはつきません。ご予約時にお話しいただければ、小さいこどもに対しては朝食\500でお子様ランチを用意できます。

【会場へのアクセス】
JR総武本線成東駅または高速バス成東車庫利用
(電車)
東京駅—(JR総武線快速 約45分)—千葉駅—(JR総武本線 約50分)—成東駅
https://time.ekitan.com/train/TimeStation/120-10_D2.shtml
(バス)
・成田から 空港第二旅客ターミナルまたは、京成成田駅よりウイングライナーバスで成東駅
https://www.city.sammu.lg.jp/uploaded/attachment/21191.pdf
・東京駅または浜松町駅からシーサイドライナーバスで成東車庫
http://www.flower-bus.co.jp/kousoku/pdf/seasideliner.pdf
・千葉駅からフラワーライナーバスで成東車庫
http://www.flower-bus.co.jp/kousoku/pdf/flowerliner.pdf?180416
※12日、13日共に午前に成東駅(成東車庫経由)から会場への専用バスを走行。
12日、13日共に大会終了後に会場から成東駅(成東車庫経由)への専用バスあり。
12日大会終了後及び13日朝に会場と推奨奨ホテル間の専用バス走行。
バス時間については決まり次第ホームページに更新予定。

・ポイント1
開会式には山武市長が来てお話しいただく予定です。
開催の山武市は東日本大震災の被災地でもあります。
大会開催会場は、津波の指定避難所になっています。
実際に被害のあった当時の様子や、その後たくさんのダンス設備のある施設を建設した市の取り組みを知ることも、ダンスの持つ癒しの効果を知る上では大切な情報になるでしょう。日ごろお忙しい職だけに、長い時間はお願いできませんが、きっと大会参加者の心に残るお話をしてくださるのではないでしょうか。

・ポイント2.
ポスター発表は発表時間以外でも、ポスター閲覧した方と交流できるように「質問Box」などを設置して工夫します。

・ポイント3.
初日となる12日には、国内発の早朝の飛行機や新幹線に乗り、成田エアポートや東京駅に来ていただく事で、開会式にも多くの方に参加いただけるように時間設定致しました。
開会式は11:00を予定しております。
最寄りの成東駅からは、10:30前後に会場へ行く専用バスを予定しており、バス時刻が決定次第日本ダンス・セラピー協会のホームページにアップ致します。

・ポイント4.
実際に被災地でダンス・セラピーを行なった認定ダンス・セラピストの話を聞くことができる。

・ポイント5
FBF財団が世界中の被災地で行なっている、ムーブメントを活用したセラピーを体験できる。

・ポイント6
ワークショップの演題は「あなたの地域(周り)を活性化するダンス・セラピー」を発表してください。
※演題の発表についての詳細は協会ホームページをご覧ください。

・ポイント7
子育て世代の若いダンス・セラピストが、子供を連れて大会参加しやすいように工夫します。

(その他お知らせ)
●生涯教育基礎研修ポイントの発行(作業療法士のみなさんへ)
日本ダンス・セラピー協会(JADTA)は日本作業療法士協会の基礎ポイント対象学会(SIG)に認定(2007年1月)されております。このため、作業療法士の参加者には生涯教育基礎研修ポイント取得を証明する参加証明書を発行します。ご希望の方は受付でお申し出ください。
90分以上1日参加まで1ポイント、2日間参加で2ポイントです。さらに演題発表者には1ポイント加算されます。
したがって、JADTA非会員で作業療法士の方には、一コマパスだけで1ポイントの参加証明書を発行します。一コマパスは、協会員以外の方がご利用いただける、大会開催中の1コマ(ワークショップや特別企画など)のみに有効なパスです(要予約)。1コマ以上の参加については1日参加または2日間参加をお申込みください。

●個人情報保護方針
大会への参加申し込みや演題申し込み時に知りえた個人情報は、今大会の事務局が保管し、日本ダンス・セラピー協会以外の外部に漏洩することのないように厳重に管理致します。
申し込み時の情報の破棄を希望される場合は、大会当日の受付で申し出てください。

【千葉県の山武市にて大会を行います】

私、貴船は2019年日本ダンスセラピー協会の学術研究大会の大会会長を拝命しております。
今年は1012日から13日に千葉県の山武市にて大会を行います。
大会内容の第一報が協会のホームページにアップされました。
協会会員同士の交流が目的ではありますが、会員以外の方も参加可能です。
是非第一報からマークして、ご興味がわけば、今年の皆様のご予定に入れてくださいね。

大会にてお会い出来るのを楽しみにしております!

https://www.facebook.com/events/424088138324168/

【2015年春の投稿から】

最近、ダンスセラピーで使用する道具のメンテナンスが多くて、
道具を保管している屋根裏部屋を捜索していたら、こんなものが出てきた!

懐かしいな~。

私が品川区の某施設で、ダンスセラピーを6年に渡りやっていたころに、取材を受けた読売新聞。
2003年3月4日。読売新聞13面ってあるわ。。。

もう、12年も前になることにびっくり
ここで、今の基本になるたくさんのことを考え出した。
私は相変わらず毎日ダンスセラピーをしているけれど、ここに写っておられる参加者の方は、もう合うことはできないんだろうな。
当時で80を超えておられる方ばかりですものね。
大切な一瞬。

先日の写真をすべて失った事件以来私はすぐに、

スキャナーで読み込み、データに残すのであった
しかし、、、ありがたいことに大きい写真で載ったので、容量の関係で記事部分やブログにアップロードできない。あああ。

【「パラアスリート応援合唱団」の練習会場でダンスセラピー】

東京2020大会参画プログラム「パラアスリート応援合唱団」の練習会場にお邪魔し、チームメンバーの渡辺英子と一緒に短いダンスセラピーを行わせていただきました。
会場についてから、先日私が練習に参加した時よりも、ずっと心に響く歌になっていることに驚きました。ケン・カタヤマ先生や林夏子先生・他の先生方のご指導者の素晴らしさと、共に歌うアスリートとして2020を駆け抜けようとされている合唱チームの情熱を感じずにはいられませんでした。
ダンスセラピーに使用させていただいたのはADESSOという歌です。いつも歌っている合唱団の皆様は音感もあり、いつもは歌で響きあっていますが、ダンスセラピーでは共に揺れて動くことを楽しんでいるように見えました。最後のADESSOの歌声での一斉に決まったポーズに、こちらが涙しそうな感動がありました。
またお会いできる日を楽しみに。
そして、参画プログラムに尽力されている永野様にもお礼申し上げます。

【西東京市依頼の「ダンスムーブメント」】

チームの野田セラピストのアシストの元、西東京市から依頼された「ダンスムーブメント」が無事に終わりました。
「しっかり体を動かせるのね。すごい充実感」
「また、是非この企画続けて欲しい」
「楽しかった。ダンスなんてやったことないから、できるのかなと思っていたけれど、知ってる音楽だと歌うようにできちゃうのね。」
など、たくさんの笑顔と言葉をいただきました。
段取りをしていただいた西東京市社会福祉協議会には、とても感謝です。
写真は、忙しくて撮り忘れました。

【チーム本拠地でダンス・ムーブメント・セラピー】

ダンスセラピーチーム気生根の貴船です。
皆様いつもご覧下さりありがとうございます。

西東京市在住の60歳以上の皆様!
私のダンス・ムーブメント・セラピーで心と身体をリフレッシュしませんか?
2月1日号の西東京市報の最終面に、ダンス・ムーブメントの生きがい推進事業が載っておりますが、私が講師をつとめさせていただきます。
チーム本拠地でのダンス・ムーブメント・セラピーは、施設外では久しぶりの企画となります。
日にちは 3月5日(火)午前10時15分〜11時 45分・下保谷福祉会館です。
2月13日消印有効での応募となります。
是非この機会に体験してみて下さいね^_^
日頃の動きがスムーズになりますよ。

http://www.city.nishitokyo.lg.jp/siseizyoho/koho/sihomama/2019/no_449.files/31_0201_No449_08.pdf

【「高齢者ダンスセラピー」の活動を紹介】

ダンスセラピーチーム気生根 2期生橋本です。
時々、記事投稿をさせていただきますので、よろしくお願い致します!

インフルエンザが流行してますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

今回は、普段行なっている「高齢者ダンスセラピー」についての活動を簡単にご紹介いたします。

主に高齢者施設を中心として行っております。
施設にご入居の皆様が親しんできた歌やリズム、または生きてこられた時代背景を大切にしたイメージを使用したムーブメントを座位で行います。
健常者や身体的または精神的に介護が必要な方にも幅広くご参加いただいております。

手足、脊柱が動かせない方は、かかっている歌やセラピストが表現する動きを感じ取り、目や言葉などのご自身が使用できる感覚で応じ、喜んでいただける場面に何度も立ち会わせていただきました。

動きたいけれど動けない
伝えたいけれど伝えられない

心身における体と心の調和に寄り添える有効な手法の一つとして、高齢者ダンスセラピーが皆様のお役に立っている事を毎日実感しております。

ダンスセラピーチーム気生根ではワークショップ、基礎講座、イベントなど年間通して広く行なっております。
こちらの記事以外にも、活動報告などはホームページをご覧ください。

http://www.kifunedmt.net/

写真は、私が担当する施設の、今は亡きO様と、チーム主宰の貴船です。

100歳を超えた時に撮りました。
O様は、この後も最後までダンスセラピーを楽しまれました。
写真は、当時施設よりO様のご家族にお電話をして投稿許可をいただいたものです。